二日酔い 寒気 原因

二日酔いで寒気がする原因とは?

スポンサーリンク

前の晩、楽しく美味しいお酒を飲んだのは良いけれど、それによって二日酔いになってしまったということはありますよね。
朝起きた時、頭が重く痛くなっていると、なんだか切なくなってきますね。
自分は何をやっていたのだろう…と、後悔してしまったり、反省してしまうこともしばしばです。
これに加えて、頭痛だけではなく、寒気が起きてしまうことがあります。
ここまで症状がでてくると、本当に体は大丈夫なのか不安になってきますよね。
ここでは、二日酔いで寒気がしてしまう原因について触れていきたいと思います。
寒気が生じてしまう理由として、恐ろしいものとしては急性アルコール中毒を引き起こしていることが考えられます。
急性アルコール中毒は、短時間のうちに大量のアルコールを摂取することによって引き起こされるものです。
一度にたくさんのアルコールが体内に取り込まれるので、血中のアルコール濃度が高くなってしまい、その結果として、中枢神経にも影響が出てしまいます
この急性アルコール中毒の症状の一つとして、寒気がしたり実際に体が震えてしまうこともあります。

スポンサーリンク

ただ、急性アルコール中毒は短時間でお酒を一気に飲んでしまったために引き起こされるものですので、二日酔いによるものとは少し違いますね。
二日酔いによって寒気が生じてしまっている状況で多いパターンは、アルコールを摂取したことによって血管が広がってしまっていることが原因となっていることがあります。
一般的にお酒を飲むと、体の血管が広がってしまいます。
体の血管が広がってしまうと、その分体の熱が外部へと放出されていきます。
冷たくて寒いプールに入っていると血管も体も収縮して熱を出さないように体が反応しますが、血管が広がっているのはこれと真逆の状態です。
つまり、アルコールによって体の熱が外部に放出されてしまっている状態なので、体が寒くなってしまい、寒気を感じて体が震えてしまうことがあるのです。
これが、二日酔いで寒気が起こってしまう原因です。
体を冷やしてしまって風邪などを引かないように健康管理にも気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

 

二日酔いに悩まされることが多いなら…!!

 

お仕事の付き合いなので、
どうしても断ることができない会食もあると思います。

 

そのたびに、翌日がツライ…
と思うことが多いのなら、
事前に対策をしておくことが大切ですよね♪

 

とはいえ、二日酔いはその日の体調も関係してきますし、
事前に対策することなんて、正直難しいですよね…

 

そんなときには、多くの人が行っている対策をマネしてみるのが楽ちんですね!
特にも、毎日飲みやすいカプセルなどを用意しておくと
いつでも対処しやすいと思います

 

以下などはたくさんの人に人気があって、
毎日でも飲みやすいカプセルタイプなのでオススメですよ♪
ご興味があれば、試してみてくださいね(*^▽^*)

 

 

>>>人気の二日酔い対策グッズはこちら♪<<<