二日酔い ロキソニン 吐き気

実は危険?二日酔い対策のためのロキソニン!

スポンサーリンク

二日酔いになってしまうと、頭痛や吐き気、寒気などに襲われてしまって本当に辛いですよね・・・
何とかしてこの辛さから解放されたいものですが、なかなか回復までには時間がかかってしまいます。
酷い時には丸一日たっても症状がなかなかおさまらず、三日酔いなんてことになってしまうこともあります。
この二日酔いによる痛みなどを緩和させるために、頭痛薬などを飲むこともあると思います。
しかし、場合によっては、その痛み止めが危険な場合もあります。
どのような場合に痛み止めが危険な作用を示してしまうのかについて確認していきましょう。
ロキソニンには、確かに頭痛をはじめとする様々な痛みを感じにくくさせてくれる効果があります。
これによって、痛みを感じないでいるうちに二日酔いが治っていくという良さがあります。
また、効果が早く表れやすいところも魅力の一つです。
辛い症状を一時的に抑えつつ、その間にきちんと体を回復させて、二日酔いを改善していくというのは、なかなかに良い方法でしょう。

スポンサーリンク

一方で、デメリットもあります。
それは、肝臓へダメージを与えてしまうことがあると言うことです。
肝臓はアルコールなどの体にとって毒物となる物質を代謝してくれる臓器ですが、同時に薬の成分の代謝も行っています。
薬が肝臓によって適切なスピードで代謝されていくように設計されているのですが、肝臓がアルコールの代謝で精いっぱいになってしまうと、薬を分解していくところまで能力が及ばない場合があります。
そして、薬の代謝が遅くなってしまうと、残った薬の成分が過剰に働いてしまい、ほかの臓器を痛めてしまうことがあります。
これがロキソニンが危険な働きをしてしまう場合です。
このように、お酒が入っている場合だと薬が過剰に働いてしまうことがあるので、注意しながら使用するようにしましょう。
可能であれば、お医者さんや薬剤師さんに相談するのが一番です。
使用方法については十分に注意しつつ、適切な用量を守って上手に活用したいものですね。

スポンサーリンク

 

 

二日酔いに悩まされることが多いなら…!!

 

お仕事の付き合いなので、
どうしても断ることができない会食もあると思います。

 

そのたびに、翌日がツライ…
と思うことが多いのなら、
事前に対策をしておくことが大切ですよね♪

 

とはいえ、二日酔いはその日の体調も関係してきますし、
事前に対策することなんて、正直難しいですよね…

 

そんなときには、多くの人が行っている対策をマネしてみるのが楽ちんですね!
特にも、毎日飲みやすいカプセルなどを用意しておくと
いつでも対処しやすいと思います

 

以下などはたくさんの人に人気があって、
毎日でも飲みやすいカプセルタイプなのでオススメですよ♪
ご興味があれば、試してみてくださいね(*^▽^*)

 

 

>>>人気の二日酔い対策グッズはこちら♪<<<