二日酔い 治る 時間

二日酔いが治るまでにかかる時間はどのくらい?

スポンサーリンク

一度二日酔いになってしまうと、体調が最悪の状態でテンションまで下がってしまいますよね。
二日酔いの状態が治るまでというのは、非常に長く感じますね。
いつになったらこの辛さから解放されるのだろう…
などと考えていると、なかなか時計の針が進んでいないと言うこともあります。
結局、ずっと起きて耐えているのは辛いから、寝てしまおうと、眠っているうちに治っていたなどということも少なくないのではないでしょうか?
はたして、このしんどい二日酔いは治るまでにどれくらい時間がかかってしまうのでしょうか?
どれくらいの時間がかかってしまうのかを知ることができれば、気分的にも非常に楽になりますよね。
しかし、残念なことにこの二日酔いが治るまでの時間というのは、一概にこれくらいということはなかなか難しいのが実情です。
なぜなら、二日酔いが解消されるまでには体の中のアルコールや代謝中間物がある程度分解される必要があるのですが、人によってもアルコールの分解能力には差がありますし、飲んだ量によっても左右されてくるからです。

スポンサーリンク

一般的にはビール一杯でも完全にアルコールを分解するのに8時間はかかると言われています。
たくさん飲めば飲むほどアルコールを完全に分解するまでには時間がかかりますし、お酒の量が多いほど、分解の途中でできてしまうアセトアルデヒドという物質が体の中にたくさんできてしまうので、二日酔いの症状がより重く、長引くようになります。
つまり、アセトアルデヒドの量が少なければ少ないほど、二日酔いが治るまでにかかる時間も短くなるということです。
結局のところ、飲んだ量や体調、個人差などによって二日酔いが治るまでの時間は変動してきます。
ですので、これくらい飲めば自分は二日酔いになってしまうというお酒の量を知っておく必要がありますね。
二日酔いの症状が治まってきたら、冷静に今回自分がどれくらいの量のお酒を飲んだのかを振り返っておくと良いでしょう。
そして、自分はそれだけのお酒を飲むと、これだけ二日酔いの症状に悩まされてしまうという感覚を持っておくことが、今後の二日酔い対策につながっていきます。
自分の限界などをきちんと把握し、無理をしすぎない範囲でお酒を楽しめると良いですね。

スポンサーリンク

 

 

 

二日酔いに悩まされることが多いなら…!!

 

お仕事の付き合いなので、
どうしても断ることができない会食もあると思います。

 

そのたびに、翌日がツライ…
と思うことが多いのなら、
事前に対策をしておくことが大切ですよね♪

 

とはいえ、二日酔いはその日の体調も関係してきますし、
事前に対策することなんて、正直難しいですよね…

 

そんなときには、多くの人が行っている対策をマネしてみるのが楽ちんですね!
特にも、毎日飲みやすいカプセルなどを用意しておくと
いつでも対処しやすいと思います

 

以下などはたくさんの人に人気があって、
毎日でも飲みやすいカプセルタイプなのでオススメですよ♪
ご興味があれば、試してみてくださいね(*^▽^*)

 

 

>>>人気の二日酔い対策グッズはこちら♪<<<